北海道三笠市(読み)みかさ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕三笠〈市〉(みかさ〈し〉)


北海道中央部の市。
石狩平野東端の幾春別(いくしゅんべつ)川流域を占める。道央自動車道インターチェンジがある。明治期より石狩炭田を代表する炭鉱都市として発展した。閉山後は電機・窯業などの工場を誘致。メロン・スイカ・タマネギなどの栽培が盛ん。国の天然記念物に指定されているエゾミカサリュウ化石を展示している三笠市立博物館、三笠鉄道村がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北海道三笠市の関連情報