北海道久遠郡せたな町(読み)せたな〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕せたな〈町〉(せたな〈ちょう〉)


北海道南西部にある町。渡島(おしま)半島北西岸に位置し、日本海に面する。南西部は奥尻海峡を隔て奥尻島に向かい合う。久遠(くどう)郡
2005年(平成17)、瀬棚(せたな)郡の瀬棚町、北檜山町と久遠郡大成町が合併して成立。北部には狩場(かりば)山地の山々がそびえ、南部には遊楽部(ゆうらっぷ)岳、白水岳などが連なる。町の中央部を西流し日本海に注ぐ後志利別(しりべしとしべつ)川・太櫓(ふとろ)川流域に平野部が広がる。ウニ・イカ・ホッケなどの沿岸漁業が盛んなほか、稲作・野菜栽培や酪農・畜産も行われる。水産加工業も発達。奥尻(おくしり)島へは瀬棚港からフェリーが通じる。北部は狩場茂津多(かりばもった)道立自然公園、南部の海岸は檜山道立自然公園に属する。国民保養温泉の貝取澗(かいとりま)温泉、臼別温泉などの温泉が湧き、海岸部には三本杉岩、弁天岬などの景勝地がある。瀬棚区は日本初の公認女医、荻野吟子(おぎのぎんこ)が医療に従事した地として知られ、荻野吟子小公園がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android