北海道二海郡八雲町(読み)やくも〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕八雲〈町〉(やくも〈ちょう〉)


北海道南西部にある町。渡島(おしま)半島北部に位置し、西は日本海、東は太平洋の内浦(うちうら)湾(噴火湾)に面する。二海(ふたみ)郡
2005年(平成17)、山越郡八雲町と爾志(にし)郡熊石町が合併して成立。同時に二海郡が新設された。JR函館本線が通じ、道央自動車道のインターチェンジがある。ホタテ貝・サケ・スケトウダラなどの漁業と酪農が盛んで、乳製品工場が操業。稲作やトウモロコシなどの野菜栽培も行われる。木彫り熊を特産。噴火湾パノラマパークにキャンプ場がある。銀婚湯温泉・見市(けんいち)温泉が湧く。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android