北海道北見市(読み)きたみ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕北見〈市〉(きたみ〈し〉)


北海道北東部にある市。
北見盆地の中央部、常呂(ところ)川中流域に位置し、大雪山東麓からオホーツク海に面する潟湖(せきこ)のサロマ湖東岸まで東西に長い市域を持つ。2006年(平成18)、旧北見市と、常呂郡の留辺蘂(るべしべ)町、端野(たんの)町、常呂町が合併して現在の姿となる。日本有数のタマネギの産地。ほかに小麦・ジャガイモ・テンサイなどの栽培が盛ん。サロマ湖ではホタテ貝の養殖が行われる。ハッカ精製・製糖・乳製品などの食品加工場があるほか、木材加工業も盛ん。西部に温根湯(おんねゆ)温泉・滝の湯温泉・北見温泉が湧く。サロマ湖の沿岸一帯は網走国定公園に属し、国指定史跡の常呂遺跡がある。ワッカ原生花園、北見フラワーパラダイス、北見ハッカ記念館などがある。1988年(昭和63)に開館した日本で最初の屋内カーリング場、北見市常呂町カーリングホールがあり、競技が盛ん。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北海道北見市の関連情報