コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海道北見市 きたみ〈し〉

1件 の用語解説(北海道北見市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕北見〈市〉(きたみ〈し〉)


北海道北東部にある市。
北見盆地の中央部、常呂(ところ)川中流域に位置し、大雪山東麓からオホーツク海に面する潟湖(せきこ)のサロマ湖東岸まで東西に長い市域を持つ。2006年(平成18)、旧北見市と、常呂郡の留辺蘂(るべしべ)町、端野(たんの)町、常呂町が合併して現在の姿となる。日本有数のタマネギの産地。ほかに小麦・ジャガイモ・テンサイなどの栽培が盛ん。サロマ湖ではホタテ貝の養殖が行われる。ハッカ精製・製糖・乳製品などの食品加工場があるほか、木材加工業も盛ん。西部に温根湯(おんねゆ)温泉・滝の湯温泉・北見温泉が湧く。サロマ湖の沿岸一帯は網走国定公園に属し、国指定史跡常呂遺跡がある。ワッカ原生花園、北見フラワーパラダイス、北見ハッカ記念館などがある。1988年(昭和63)に開館した日本で最初の屋内カーリング場、北見市常呂町カーリングホールがあり、競技が盛ん。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北海道北見市の関連情報