コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海道北見市 きたみ〈し〉

1件 の用語解説(北海道北見市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕北見〈市〉(きたみ〈し〉)


北海道北東部にある市。
北見盆地の中央部、常呂(ところ)川中流域に位置し、大雪山東麓からオホーツク海に面する潟湖(せきこ)のサロマ湖東岸まで東西に長い市域を持つ。2006年(平成18)、旧北見市と、常呂郡の留辺蘂(るべしべ)町、端野(たんの)町、常呂町が合併して現在の姿となる。日本有数のタマネギの産地。ほかに小麦・ジャガイモ・テンサイなどの栽培が盛ん。サロマ湖ではホタテ貝の養殖が行われる。ハッカ精製・製糖・乳製品などの食品加工場があるほか、木材加工業も盛ん。西部に温根湯(おんねゆ)温泉・滝の湯温泉・北見温泉が湧く。サロマ湖の沿岸一帯は網走国定公園に属し、国指定史跡常呂遺跡がある。ワッカ原生花園、北見フラワーパラダイス、北見ハッカ記念館などがある。1988年(昭和63)に開館した日本で最初の屋内カーリング場、北見市常呂町カーリングホールがあり、競技が盛ん。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北海道北見市の関連情報