コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海道南西沖地震と奥尻町

1件 の用語解説(北海道南西沖地震と奥尻町の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北海道南西沖地震と奥尻町

1993年7月12日、マグニチュード7・8の地震が発生。日本海を震源とする地震としては観測史上最大規模で、死者・行方不明者北海道と青森県で230人に上った。地震から数分で津波に襲われた奥尻町は198人の犠牲者を出した。今年3月末の人口は3160人。震災前の4604人(90年国勢調査)から落ち込み、過疎、高齢化が進んでいる。

(2011-06-01 朝日新聞 朝刊 岩手全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北海道南西沖地震と奥尻町の関連キーワードモーメントマグニチュードモーメント・マグニチュード大地震小地震中地震伊豆大島近海地震エムダブリュースマトラ沖地震トルコ大地震宮城県北部地震

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone