コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海道古宇郡泊村 とまり〈むら〉

1件 の用語解説(北海道古宇郡泊村の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕泊〈村〉(とまり〈むら〉)


北海道南西部、積丹(しゃこたん)半島南西岸にある村。古宇(ふるう)郡
イカ・スケトウダラ・マスなどの近海漁業沿岸漁業が主産業。南端に道内初の原子力発電所である泊発電所がある。北部の海岸近くに盃(さかずき)温泉が湧く。かつてはニシン漁で栄え、当時の番屋・客殿を移築・復元した 鰊御殿(にしんごてん)とまりがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone