コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海道古宇郡泊村 とまり〈むら〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕泊〈村〉(とまり〈むら〉)


北海道南西部、積丹(しゃこたん)半島南西岸にある村。古宇(ふるう)郡
イカ・スケトウダラ・マスなどの近海漁業沿岸漁業が主産業。南端に道内初の原子力発電所である泊発電所がある。北部の海岸近くに盃(さかずき)温泉が湧く。かつてはニシン漁で栄え、当時の番屋・客殿を移築・復元した 鰊御殿(にしんごてん)とまりがある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

北海道古宇郡泊村の関連キーワード北海道古宇郡泊村興志内村北海道古宇郡泊村堀株村北海道古宇郡泊村茅沼村北海道古宇郡泊村泊村北海道古宇郡泊村盃村国民保養温泉もいわ荘泊原発鰊御殿客殿番屋

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android