北海道古平郡古平町(読み)ふるびら〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕古平〈町〉(ふるびら〈ちょう〉)


北海道西部、積丹(しゃこたん)半島北東岸に位置する、古平(ふるびら)郡唯一の町。
イカ・スケトウダラ・ホッケなどの沿岸漁業と畜産、イチゴ栽培が盛ん。明治期はニシン漁で栄えた。海岸部はニセコ積丹小樽海岸国定公園の一部で、キャンプ場などを備えた家族旅行村がある。禅源(ぜんげん)寺(曹洞宗)の五百羅漢図が有名。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android