コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海道名寄市 なよろ〈し〉

1件 の用語解説(北海道名寄市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕名寄〈市〉(なよろ〈し〉)


北海道北部にある市。
名寄盆地中北部に位置する。2006年(平成18)、上川(かみかわ)郡風連町と合併して現在の姿となる。JR宗谷本線が通じる。もち米栽培とジャガイモ・アスパラガスなどの畑作・酪農が盛ん。ゴム・製紙・農産物加工・製薬などの工場がある。陸上自衛隊名寄駐屯地、国立衛生試験所の北海道薬用植物栽培試験場があり、市の南西部には雨竜(うりゅう)発電所がある。名寄市北国博物館が所蔵する名寄鈴石(なよろすずいし)・名寄高師小僧(なよろたかしこぞう)はともに国の天然記念物に指定。名寄ピヤシリスキー場、道立の自然公園 サンピラーパークがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北海道名寄市の関連情報