北海道名寄市(読み)なよろ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕名寄〈市〉(なよろ〈し〉)


北海道北部にある市。
名寄盆地中北部に位置する。2006年(平成18)、上川(かみかわ)郡風連町と合併して現在の姿となる。JR宗谷本線が通じる。もち米栽培とジャガイモ・アスパラガスなどの畑作・酪農が盛ん。ゴム・製紙・農産物加工・製薬などの工場がある。陸上自衛隊名寄駐屯地、国立衛生試験所の北海道薬用植物栽培試験場があり、市の南西部には雨竜(うりゅう)発電所がある。名寄市北国博物館が所蔵する名寄鈴石(なよろすずいし)・名寄高師小僧(なよろたかしこぞう)はともに国の天然記念物に指定。名寄ピヤシリスキー場道立の自然公園 サンピラーパークがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北海道名寄市の関連情報