北海道天塩郡幌延町(読み)ほろのべ〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕幌延〈町〉(ほろのべ〈ちょう〉)


北海道北部、天塩(てしお)川下流北岸にある町。天塩(てしお)郡
酪農が主産業で町内には1万頭を超える乳牛が飼育され、乳製品工場がある。土壌改良材製造工場がある。海岸近くは利尻礼文()りしりれぶんサロベツ国立公園に属するサロベツ原野(ラムサール条約登録湿地)の一部で、パンケ沼(ぱんけとう)などの湿地が点在する。トナカイ観光牧場がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android