コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海道宗谷郡猿払村 さるふつ〈むら〉

1件 の用語解説(北海道宗谷郡猿払村の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕猿払〈村〉(さるふつ〈むら〉)


北海道北部、稚内(わっかない)市の南東にある村。オホーツク海に面する。宗谷(そうや)郡
酪農・畜産とホタテ貝・サケの沿岸漁業が主産業。海岸に砂丘が発達し、その内側にポロ沼など湖沼が点在する湿地帯が広がる。1939年(昭和14)、旧ソ連船インディギルカ号が同村沖で座礁、村民が救助にあたった。村には犠牲者を弔う慰霊碑が建立され、日ロ友好記念館がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北海道宗谷郡猿払村の関連情報