コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海道宗谷郡猿払村 さるふつ〈むら〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕猿払〈村〉(さるふつ〈むら〉)


北海道北部、稚内(わっかない)市の南東にある村。オホーツク海に面する。宗谷(そうや)郡
酪農・畜産とホタテ貝・サケの沿岸漁業が主産業。海岸に砂丘が発達し、その内側にポロ沼など湖沼が点在する湿地帯が広がる。1939年(昭和14)、旧ソ連船インディギルカ号が同村沖で座礁、村民が救助にあたった。村には犠牲者を弔う慰霊碑が建立され、日ロ友好記念館がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北海道宗谷郡猿払村の関連情報