コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海道帯広市 おびひろ〈し〉

1件 の用語解説(北海道帯広市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕帯広〈市〉(おびひろ〈し〉)


北海道南東部にある市。
十勝(とかち)平野の中央に位置する商工業都市。碁盤目状の街並みに特色がある。広大な十勝平野の中核をなす経済・行政の中心地で、十勝総合振興局所在地。明治10年代、静岡県からの入植者が晩成社を組織して開拓。農・畜産物を原料とする食品加工業のほか、電機・金属などの工場が進出。農村部ではジャガイモナガイモ・小豆・インゲンマメなどの栽培と畜産も盛ん。南郊に帯広畜産大学帯広空港がある。ばんえい競走行われる帯広競馬場がある。帯広カムイトゥウポポ保存会により継承されているアイヌ古式舞踊は国の重要無形民俗文化財に指定されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北海道帯広市の関連情報