コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海道日高郡新ひだか町 しんひだか〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕新ひだか〈町〉(しんひだか〈ちょう〉)


北海道南部にある町。日高山脈南西部に位置する。同山脈を源とする静内(しずない)川、三石(みついし)川などが町内を流れ、太平洋に注ぐ。日高(ひだか)郡
2006年(平成18)、静内郡静内町と三石郡三石町が合併して成立。同合併により静内郡および三石郡は消滅。競走馬生産地として知られ、オグリキャップなど数々の名馬を輩出している。稲作と野菜栽培、ウニやマツカワハタハタなどの栽培漁業も盛ん。高級食材の日高昆布(三石昆布)を特産。直線約7kmの静内二十間道路桜並木は桜の名所。17世紀のシャクシャインの戦いで知られ、シャクシャイン記念館、アイヌ民俗資料館がある。静内川河口部にある砦跡は、シベチャリ川流域チャシ跡群及びアッペツチャシ跡として、国の史跡に指定されている。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

北海道日高郡新ひだか町の関連情報