コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海道樺戸郡新十津川町 しんとつかわ〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕新十津川〈町〉(しんとつかわ〈ちょう〉)


北海道中部、石狩川中流西岸にある町。樺戸(かばと)郡
1889年(明治22)、奈良県十津川村からの集団入植地として知られる。稲作中心地であるが、近年、メロンの栽培や酪農・畜産との複合化も進む。川村(かわむら)たかしによる児童文学新十津川物語』の舞台で、新十津川物語記念館がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例