北海道檜山郡江差町(読み)えさし〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕江差〈町〉(えさし〈ちょう〉)


北海道南西部、渡島(おしま)半島西部にある町。日本海に臨む。檜山(ひやま)郡
檜山振興局の所在地。江戸時代には北前船の寄港地で、明治初期までニシン漁の基地として繁栄。かつての廻船問屋、旧中村家住宅は、国の重要文化財に指定されている。稲作・畜産と沿岸漁業が主産業。奥尻島定期船が結ぶ。民謡「江差追分」の発祥地で全国大会も行われる。ヒノキアスナロおよびアオトドマツ自生地は国の天然記念物。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android