コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海道炭礦汽船[株] ほっかいどうたんこうきせん

百科事典マイペディアの解説

北海道炭礦汽船[株]【ほっかいどうたんこうきせん】

1889年堀基により政府払下げ幌内炭鉱と付属鉄道をもとに北海道炭礦鉄道として設立。略称北炭。三井系。1890年空知,夕張の2炭を開発。1893年北海道炭礦鉄道(株)となり,1906年鉄道国有化を受けて現社名に。
→関連項目日本製鋼所[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほっかいどうたんこうきせん【北海道炭礦汽船[株]】

北海道開拓を目的に創業され,一貫して石炭鉱業にかかわってきた企業。北炭と略称する。1889年,堀基(もとい)(1844‐1912)により有限責任北海道炭礦鉄道会社として設立され,同年12月政府より幌内炭山および幌内鉄道,幾春別鉄道の払下げを受け,また北有社(1888設立。前記の炭山,鉄道を借用して営業)の付帯施設を譲り受けて営業を開始した。90年に空知,夕張の2炭山を開発するとともに,これら炭鉱から室蘭港に至る鉄道を敷設

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の北海道炭礦汽船[株]の言及

【石狩炭田】より

…幌内は新開地であったため炭鉱労働は囚人に多く依存した。89年北炭(北海道炭礦鉄道,のち北海道炭礦汽船)は幌内炭鉱と鉄道の払下げを受け,鉄道輸送の支配をてこに石狩炭田で支配的地位を築いた。囚人労働は1894年に廃止され,飯場制度が広く採用された。…

※「北海道炭礦汽船[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

北海道炭礦汽船[株]の関連キーワード森鴎外内閣総理大臣饗庭篁村黒田清隆内閣ゴッホ嵯峨の屋お室スベルドラップ(Johan Sverdrup)広島(市)森有礼メネリク[2世]

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android