コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海道留萌市 るもい〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕留萌〈市〉(るもい〈し〉)


北海道北西部、日本海に臨む市。
留萌振興局の所在地。慶長年間に場所請負人により漁場が開拓され、第二次大戦後まではニシン漁で繁栄。旧留萌佐賀家漁場(きゅうるもいさがけぎょば)は国の史跡に指定されている。イカ・カレイ・エビなどの沿岸漁業と水産加工業が盛ん。現在も塩数の子・身欠きニシンの主要産地。重要港湾の留萌港はかつては石炭の積出港。現在は石油・木材などの取り扱いが主。黄金岬(おうごんみさき)海浜公園、教育施設 海のふるさと館などがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北海道留萌市の関連情報