コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海道留萌市 るもい〈し〉

1件 の用語解説(北海道留萌市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕留萌〈市〉(るもい〈し〉)


北海道北西部、日本海に臨む市。
留萌振興局所在地。慶長年間に場所請負人により漁場が開拓され、第二次大戦後まではニシン漁で繁栄。旧留萌佐賀家漁場(きゅうるもいさがけぎょば)は国の史跡に指定されている。イカ・カレイ・エビなどの沿岸漁業と水産加工業が盛ん。現在も塩数の子・身欠きニシンの主要産地。重要港湾の留萌港はかつては石炭の積出港。現在は石油・木材などの取り扱いが主。黄金岬(おうごんみさき)海浜公園、教育施設 海のふるさと館などがある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北海道留萌市の関連情報