北海道白糠郡白糠町(読み)しらぬか〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕白糠〈町〉(しらぬか〈ちょう〉)


北海道東部、白糠丘陵南東部の太平洋に面した町。白糠(しらぬか)郡
町の東西を2005年(平成17)に新設合併した釧路市に挟まれる。海岸沿いにJR根室本線が通じる。酪農畜産とサケ・マスの沿岸漁業が盛ん。昭和時代初期には炭鉱町として発展したが、現在は閉山し、製材水産加工などの工場がある。音別町との町境にパシクル沼があり、周辺は馬主来(ぱしくる)自然公園となっている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android