コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海道白糠郡白糠町 しらぬか〈ちょう〉

1件 の用語解説(北海道白糠郡白糠町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕白糠〈町〉(しらぬか〈ちょう〉)


北海道東部、白糠丘陵南東部の太平洋に面した町。白糠(しらぬか)郡
町の東西を2005年(平成17)に新設合併した釧路市に挟まれる。海岸沿いにJR根室本線が通じる。酪農・畜産とサケ・マス沿岸漁業が盛ん。昭和時代初期には炭鉱町として発展したが、現在は閉山し、製材・水産加工などの工場がある。音別町との町境にパシクル沼があり、周辺は馬主来(ぱしくる)自然公園となっている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone