コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海道苫小牧市 とまこまい〈し〉

1件 の用語解説(北海道苫小牧市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕苫小牧〈市〉(とまこまい〈し〉)


北海道南西部にある市。
太平洋に面した勇払(ゆうふつ)平野に位置する。明治末期開設の王子製紙工場をはじめとする紙・パルプ工業とともに発展。1976年(昭和51)、東部の苫東(とまとう)地区に内陸掘り込み式の苫小牧東港を着工、81年(昭和56)には特定重要港湾の指定を受ける。火力発電所石油精製工場、石油備蓄基地が操業。1989年(平成元)には道央テクノポリスに指定、苫小牧市科学センターがある。ホッキ貝の水揚げ量は日本一。ハスカップの栽培が盛ん。北東部のウトナイ湖ハクチョウ飛来地で、ラムサール条約登録湿地のひとつ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北海道苫小牧市の関連情報