北海道雨竜郡沼田町(読み)ぬまた〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕沼田〈町〉(ぬまた〈ちょう〉)


北海道中部、石狩平野の北端、石狩川支流の雨竜(うりゅう)川北岸にある町。雨竜(うりゅう)郡
かつては炭鉱町として栄えたが、1960年代末に閉山。工業団地に電機・食品などの工場が進出する。稲作のほか、小麦・アズキの栽培が盛ん。山間に潅漑(かんがい)用のダムがある。JR留萌(るもい)本線・国道275号が通じる。「ほたるの里」として町おこしが行われ、毎年夏にほたる祭りが開催される。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android