コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北湖と南湖

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北湖と南湖

琵琶湖は面積670平方キロ、平均水深は41・2メートルあり、東西の幅が1・35キロと最も狭くなる琵琶湖大橋付近を境に北湖と南湖に分けられる。面積比は11対1で北湖が大きく、最大水深103・58メートル。南湖の水深は平均4メートルで中央部でも5メートルほどと浅い。湖に流入する河川は約460本あるのに対し、流れ出るのは南湖最南端の瀬田川琵琶湖疏水(いずれも大津市)のみ。

(2013-11-18 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

北湖と南湖の関連キーワード鄱陽湖

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android