コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北郷[村] きたごう

1件 の用語解説(北郷[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きたごう【北郷[村]】

宮崎県北部,東臼杵郡の村。人口2303(1995)。五十鈴川の上流域を占め,宇納間,入下,黒木の3地区よりなる。古くは宇佐神宮領に属し,土持氏の支配下にあったが,近世は延岡藩に属した。村域のほとんどは山林で,中央部を東流する五十鈴川沿いに耕地が開かれている。シイタケ栽培をはじめ,木材,畜産,米作などを重点に農林業が営まれている。1964年日向延岡新産業都市に指定され,産業の振興が図られている。中心地の宇納間地区には火よけ地蔵の名で知られる宇納間地蔵がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北郷[村]の関連キーワード小丸川上椎葉ダム一ツ瀬川高千穂延岡青雲橋園の露県議会の1人区日吉幾治鶴当美

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone