北里 柴三郎(読み)キタサト シバサブロウ

20世紀日本人名事典の解説

北里 柴三郎
キタサト シバサブロウ

明治〜昭和期の細菌学者,男爵 北里研究所所長;日本医師会初代会長;慶応義塾大学医学部初代学部長兼附属病院長;貴院議員(勅選)。



生年
嘉永5年12月20日(1853年)

没年
昭和6(1931)年6月13日

出生地
肥後国阿蘇郡小国郷北里村(熊本県小国町)

学歴〔年〕
東京大学医学部〔明治16年〕卒

学位〔年〕
医学博士

主な受賞名〔年〕
勲二等旭日重光章〔大正8年〕,勲一等旭日大綬章〔昭和6年〕

経歴
藩校・時習館、熊本医学校を経て、明治8年東京医学校(のち東大医学部)に入学。16年卒業後、17年内務省衛生局に入り、18年ドイツへ留学、ロベルト・コッホに師事。22年破傷風菌の純粋培養に成功、翌年同門のベーリングと共同でジフテリアと破傷風の抗毒血清を発見した。25年帰国。福沢諭吉の後援で伝染病研究所を設立、所長となった。27年香港にペストが発生し、青山胤通とともに出張、ペスト菌を発見した。39年帝国学士院会員。大正3年政府が同研究所を東大の附属機関とする問題が起きて辞職。4年別に私立の北里研究所を設立。5年には慶応義塾大学医学部創設に参画、医学部長に招かれた。6年勅選貴族院議員。12年日本医師会創立とともに初代会長。13年男爵を授けられる。門下に秦佐八郎や赤痢菌の志賀潔らがいる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

北里 柴三郎 (きたさと しばさぶろう)

生年月日:1852年12月20日
明治時代-昭和時代の細菌学者;男爵
1931年没

北里 柴三郎 (きたざと しばさぶろう)

生年月日:1853年12月20日
明治時代-昭和時代の細菌学者。慶応義塾大学医学部長
1931年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北里 柴三郎の関連情報