北里 裟袈男(読み)キタサト サカオ

20世紀日本人名事典の解説

北里 裟袈男
キタサト サカオ

明治〜昭和期の実業家 帝国生命常務。



生年
慶応3年4月30日(1867年)

没年
昭和7(1932)年6月8日

出身地
肥後国(熊本県)

経歴
帝国生命に入り、常務。のち弥生無尽顧問を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android