コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北陸線・湖西線の直流化事業

1件 の用語解説(北陸線・湖西線の直流化事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北陸線・湖西線の直流化事業

03年に着工。総事業費は約161億円。うち県と沿線の3市6町で約75億円、福井県側は約68億円を負担し、JR西日本は新快速用車両の新造費用18億円を負担した。直流の電力で走行する車両は比較的安く製造でき、本数が多い大都市近郊の路線に適しているが、変電所の設置費用が高いというデメリットもある。JR西日本は琵琶湖を一周する定期列車を運行せず、「琵琶湖環状線」の呼称は使っていない。

(2006-10-20 朝日新聞 朝刊 滋賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北陸線・湖西線の直流化事業の関連キーワード東京駅長良川河口堰JR沼津駅周辺の鉄道高架事業JR福井駅西口再開発事業ITER計画琵琶湖環状線鳥海ダム大分川ダム

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone