コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

匡道慧潭

美術人名辞典の解説

匡道慧潭

臨済宗の僧。大坂生。堺の儒士山田一光の次子俗姓は蘆、慧潭は諱、号は要津軒。少林寺月叟の弟子となり、28才で少林寺に嗣住。八幡円福寺の海山の室に参禅印可を得る。祥福寺、妙心寺に住し、明治11年、諸山の請疏により東福寺の管長。明治28年、妙心寺管長として花園法皇五百五十年御忌を虔修。同年(1895)寂、88才。諡号は神通寿量禅師。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

匡道慧潭の関連キーワード臨済宗

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android