コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

匡道慧潭

1件 の用語解説(匡道慧潭の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

匡道慧潭

臨済宗の僧。大坂生。堺の儒士山田一光の次子。俗姓は蘆、慧潭は諱、号は要津軒。少林寺の月叟の弟子となり、28才で少林寺に嗣住。八幡円福寺の海山の室に参禅、印可を得る。祥福寺、妙心寺に住し、明治11年、諸山の請疏により東福寺の管長。明治28年、妙心寺管長として花園法皇五百五十年御忌を虔修。同年(1895)寂、88才。諡号は神通寿量禅師。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

匡道慧潭の関連キーワード正韵僊山祖福島慶道森山歓渓雄岳宜発霊峰元奨万峰紹育勝平宗徹臨済録済家

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone