コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

医用画像処理 いようがぞうしょり medical image processing

1件 の用語解説(医用画像処理の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いようがぞうしょり【医用画像処理 medical image processing】

人間の目と脳は,一枚の絵を見ると瞬時にそこに何が描かれているかを判断する。これが画像認識であり,その前段階の処理が画像処理である。これに対応して,医用画像処理は,医用画像情報から疾患の診断を導くための画像情報の処理をさす言葉である。 医用画像処理において,その代表格はX線コンピューター断層(CT)装置による画像である。CTにより得られた断層像は,画像処理によって作成された結果であるとともに,そこから始まる2次的な画像処理の画像情報ともいえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

医用画像処理の関連キーワード鼬の目陰一枚絵大蛇を見るとも女を見るな血を見る泣きを見る日の目を見る脈を見る目付き目を見る面倒を見る

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

医用画像処理の関連情報