コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十ヵ国蔵相会議 じっかこくぞうしょうかいぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十ヵ国蔵相会議
じっかこくぞうしょうかいぎ

主要 10ヵ国の通貨当局首脳による協議体。国際通貨基金 IMFの一般借入れ取決め (GAB〈ギャブ〉) に参加した主要 10ヵ国 (アメリカ,イギリス,ドイツ,フランス,日本,イタリア,カナダ,オランダ,ベルギー,スウェーデン) の大蔵大臣および中央銀行総裁により構成される。 1963年 10月の IMF総会にあたって共同声明を発表し,国際通貨制度の再検討に着手して以来,SDR (特別引出権) 制度の創設を中心とする第1次 IMF協定改正 (1969) ,スミソニアン協定 (71) など国際通貨制度改革に大きな役割を果した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

十ヵ国蔵相会議の関連キーワードスミソニアン合意為替変動幅

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android