コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十七弦・十七絃 じゅうしちげん

大辞林 第三版の解説

じゅうしちげん【十七弦・十七絃】

大型・低音の箏こと。1921年、従来の箏に対する伴奏用として、宮城道雄が新考案。構造・奏法は箏に準じ、名称は弦数による。合奏曲用に広く普及し、近年は独奏にも用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

十七弦・十七絃の関連キーワード宮城道雄独奏奏法

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android