コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十寸見河東(4世) ますみかとう[よんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十寸見河東(4世)
ますみかとう[よんせい]

[生]?
[没]明和8(1771).11.15. 江戸
河東節家元江戸太夫河東ともいう。3世十寸見河東の甥にあたり,その後養子となる。通称伝之助。前名2世十寸見河洲。延享2 (1745) 年4世を継ぐ。代表作『家桜』『助六由縁江戸桜』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

十寸見河東(4世)の関連キーワード明和

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android