十寸見蘭洲(2代)(読み)ますみ らんしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十寸見蘭洲(2代) ますみ-らんしゅう

1718-1800 江戸時代中期-後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
河東(かとう)節。享保(きょうほう)3年生まれ。江戸新吉原の娼家(しょうか)の主人佐倉屋又四郎(一説に大津屋庄蔵)。3代十寸見河東の門人。寛政12年8月7日死去。83歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android