十寸見 河東(10代目)(読み)マスミ カトウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

十寸見 河東(10代目)
マスミ カトウ


職業
河東節太夫

肩書
河東節10代目家元

別名
前名=十寸見 夕丈(マスミ セキジョウ)

経歴
河東節の家元で、11代家元山彦秀翁(のち11代目十寸見河東)の妻。前名十寸見夕丈。その死後10代目河東を贈られた。明治時代に活躍、美声、芸達者をうたわれた。

没年月日
大正2年 11月25日 (1913年)

家族
夫=山彦 秀翁(=11代目河東)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android