コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十市の里(読み)とおちのさと

大辞林 第三版の解説

とおちのさと【十市の里】

現在の奈良県橿原市十市とおいち町。古代・中世における十市郡の中心地。和歌では「遠とお」と懸詞にして用いることが多い。⦅歌枕⦆ 「暮ればとくゆきて語らむあふことの-の住みうかりしも/拾遺 雑賀

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android