コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十時孫左衛門(初代) ととき まござえもん

1件 の用語解説(十時孫左衛門(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十時孫左衛門(初代) ととき-まござえもん

?-1643 江戸時代前期の陶工。
朝鮮からつれてこられ,上野(あがの)焼の祖となった上野喜蔵の次男。寛永9年細川忠利(ただとし)の転封(てんぽう)にしたがい父が肥後(熊本県)に移住。孫左衛門は義弟渡久左衛門とともに豊前(ぶぜん)上野(福岡県)にとどまって新藩主小笠原氏につかえ,上野焼2代をついだ。寛永20年死去。名は甫久。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

十時孫左衛門(初代)の関連キーワードルイルイ皇太極セーリス皇太極油糟春日局キアラ順治帝天海

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone