コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千丈実巌

美術人名辞典の解説

千丈実巌

江戸後期の曹洞宗の僧。拈華実参の法嗣。信濃大沢寺・長国寺に住し、近江粟津の無名庵を興した。詩文を能くした。『幽谷余韻』等多数の著がある。近江の海蔵院に隠栖し、享和2年(1802)寂、80才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android