千代田化工建設(株)(読み)ちよだかこうけんせつ

  • 千代田化工建設

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

代表的な総合プラントエンジニアリング会社。1948年(昭和23)、当時の三菱(みつびし)石油出身の製油所建設関係技術者らが中心となって設立。1950年代末からのエネルギー源の転換と石油化学工業の発展を背景に急成長した。製油分野では1957年に浮屋根式タンク、1963年には精製集中合理化装置を設計施工して内外の評価を得、石油化学では塩ビモノマー蒸留装置、ナフサ分解装置を相次ぎ受注、30万トンエチレンプラントの建設では高いシェアを占めた。合成繊維、合成樹脂、合成ゴム、化学肥料などの各種の化学プラントも手がけている。さらに1960年代末以降は排煙脱硫、汚水処理等の環境保全装置の分野に力を入れているほか、原油貯蔵基地、天然ガス、食品、医薬品、原子力などの分野でも広範なエンジニアリング活動を展開、世界各国へのプラント輸出の実績も多い。しかし1990年代に行った海外受注工事で大幅な赤字を出し、経営悪化に陥った。1998年(平成10)より三菱商事と東京三菱銀行(現、三菱UFJ銀行)の支援を受け、さらに1999年にはアメリカのエンジニアリング会社ケロッグ・ブラウン・アンド・ルートの出資を受けて、経営建て直しを図っている。2008年(平成20)3月には三菱商事との間に資本業務提携契約を締結、同社傘下となった。資本金434億円(2018)、売上高5109億円(2018)。営業所・事業所は国内4か所、海外6か所、1研究所、関連会社は24社あまり。

[中村清司]

『千代田化工建設株式会社社史編集委員会編『千代田化工建設25年史』(1973・千代田化工建設)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android