千代田火災海上保険[株](読み)ちよだかさいかいじょうほけん

百科事典マイペディアの解説

千代田火災海上保険[株]【ちよだかさいかいじょうほけん】

トヨタ自動車系の中堅損保だったが,2001年大東京火災海上保険と合併し,あいおい損害保険と改称した。1913年千代田火災保険として創業。1945年大倉火災海上保険と合併し,大倉千代田火災海上保険として設立。1946年に千代田火災海上保険に改称。東海銀行系の社長会に加盟。1959年トヨタ自動車販売(現トヨタ自動車)と資本・業務提携を締結。自動車保険に強い。1997年規制緩和に対応し,GOA付き自動車向けの低価格保険を開発。自動車保険に特化した営業戦略を積極的に展開した。
→関連項目あいおい損害保険[株]大東京火災海上保険[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android