千代田生命保険[相互会社](読み)ちよだせいめいほけん

百科事典マイペディアの解説

千代田生命保険[相互会社]【ちよだせいめいほけん】

独立系生保で大手8社の一つだったが,2000年に経営破綻した。1904年,福沢諭吉高弟門野幾之進が千代田生命保険相互会社を設立。創立時から相互会社形式をとる。業界で初めて団体信用保険の発売,三越本店での店頭販売を行うなど,商品・チャネルの多用化を進めて契約高を伸ばした。本社東京。1999年の決算では総資産4兆3599億円,1999年3月期保険料等収入5992億円を示していた。1980年代のバブル経済期の積極展開がとなり,1990年代にはリストラを進めたが,2000年10月,更生特例法適用申請に至り,戦後最大の経営破綻となった。米国の保険会社AIGの傘下で再建を目指す。
→関連項目破綻金融機関

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android