コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千宗守(3代) せん そうしゅ

1件 の用語解説(千宗守(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千宗守(3代) せん-そうしゅ

1693-1745 江戸時代中期の茶人。
元禄(げんろく)6年生まれ。2代千宗守の子。武者小路(むしゃのこうじ)千家3代家元。手造り茶碗(ちゃわん)などを得意とし,利休より伝来の楽(らく)茶碗「木守(きまもり)」の写しをつくり,本歌(原作)を讃岐(さぬき)高松藩松平家におくった。延享2年3月28日死去。53歳。号は真伯,静々斎,静斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

千宗守(3代)の関連キーワード石川勘七磯甚蔵岡田道竹尾関長伝小野庸山河井守清斎藤総模玉川宗重津田外記渡辺立庵

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone