コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千宗守(4代) せん そうしゅ

2件 の用語解説(千宗守(4代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千宗守(4代) せん-そうしゅ

1725-1782 江戸時代中期の茶人。
享保(きょうほう)10年生まれ。3代千宗守の養子。武者小路(むしゃのこうじ)千家4代家元。邸内に一方庵,弘道庵の茶席をつくる。表千家7代千宗左に協力して千家「七事式(しちじしき)」の制定に参加。初代宗守の百回忌をいとなんだ。武者小路千家中興の祖といわれる。天明2年2月6日死去。58歳。本姓は嵯峨(さが)。号は堅叟,直斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

千宗守(4代)

没年:天明2.2.6(1782.3.19)
生年:享保10(1725)
江戸中期の茶人。官休庵武者小路千家4代家元。幼名久之丞。堅叟,直斎と号した。嵯峨家より入り3代真伯宗守の養子となる。茶の湯の遊芸化の進行と,都市の茶の湯人口の増加に対応して,7代千宗左(如心斎)に協力し千家七事式を制定し,稽古を茶の湯の中心とする道を開いた。また自邸にも多人数が同時に稽古できるような15畳の広間(弘道庵)を築造するなど社中の拡充に努め,武者小路千家の中興とされている。好みものも多く,なかでも仙台藩内でとれる名取川の埋木を用いた香合は,とりわけ有名。<参考文献>『茶道の源流』全6巻

(熊倉功夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千宗守(4代)の関連キーワード木津宗泉静々齋直齋愈好斎堅叟宗守武者小路千家三千家千家流千宗守千宗守(初代)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone