コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千宗守(4代) せん そうしゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千宗守(4代) せん-そうしゅ

1725-1782 江戸時代中期の茶人。
享保(きょうほう)10年生まれ。3代千宗守の養子。武者小路(むしゃのこうじ)千家4代家元。邸内に一方庵,弘道庵の茶席をつくる。表千家7代千宗左に協力して千家「七事式(しちじしき)」の制定に参加。初代宗守の百回忌をいとなんだ。武者小路千家の中興の祖といわれる。天明2年2月6日死去。58歳。本姓は嵯峨(さが)。号は堅叟,直斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

千宗守(4代)

没年:天明2.2.6(1782.3.19)
生年:享保10(1725)
江戸中期の茶人。官休庵武者小路千家4代家元。幼名久之丞。堅叟,直斎と号した。嵯峨家より入り3代真伯宗守の養子となる。茶の湯の遊芸化の進行と,都市の茶の湯人口の増加に対応して,7代千宗左(如心斎)に協力し千家七事式を制定し,稽古を茶の湯の中心とする道を開いた。また自邸にも多人数が同時に稽古できるような15畳の広間(弘道庵)を築造するなど社中の拡充に努め,武者小路千家の中興とされている。好みものも多く,なかでも仙台藩内でとれる名取川の埋木を用いた香合は,とりわけ有名。<参考文献>『茶道の源流』全6巻

(熊倉功夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

千宗守(4代)の関連キーワード千宗守(せんそうしゅ)木津宗詮(初代)千宗守(10代)千宗守(11代)千宗守(7代)千宗守(8代)千宗守(5代)千宗守(3代)千宗守(9代)千宗守(6代)千宗守(2代)武者小路千家流10月8日4月21日安田是誰千宗旦千澄子

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android