コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千宗左(4代) せん そうさ

2件 の用語解説(千宗左(4代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千宗左(4代) せん-そうさ

1613-1672 江戸時代前期の茶人。
慶長18年生まれ。千家3代千宗旦(そうたん)の3男。千利休の曾孫。寛永19年紀伊(きい)徳川家につかえ茶頭(さどう)となる。正保(しょうほ)3年父より家督をゆずられ不審庵をつぐ。以後代々宗左を名のり表千家と称される。寛文12年10月27日死去。60歳。号は江岑(こうしん),堪笑軒,逢源斎。著作に「千利休由緒書」「江岑夏書(げがき)」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

千宗左(4代)

没年:寛文11.10.27(1671.11.28)
生年:慶長18(1613)
江戸前期の茶人。千宗旦の3男。母は真巌宗見。幼名十三郎。宗受,宗佐ののち宗左を名乗り,以後,表千家では宗左が家元の名となった。号は江岑。また堪笑軒,逢源斎とも号した。寛永19(1642)年,紀州徳川家に茶頭として出仕し,千家の経済的基礎をつくった。正保3(1646)年,宗旦より千家の家督を譲られ不審庵を継承,のちに分立する三千家の本家となった。これが今日の表千家で平成期の14代而妙斎におよんでいる。宗旦没後,宗旦時代の伝承が失われるのをおそれ,養子の5代宗左(随流斎)のために綴った『江岑夏書』などの茶書は,茶道史料として貴重である。<参考文献>千宗左(13代)編『元伯宗旦文書』,同編『表千家』,千芳紀「江岑宗左と随流斎」(『茶道雑誌』1993年11月号)

(熊倉功夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千宗左(4代)の関連キーワード真巌宗乗松尾楽只齋兼常徳庵千宗室鏡尼千宗左(5代)千宗守(初代)千宗拙久田宗利松尾宗二(1)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone