コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千宗左(7代) せん そうさ

2件 の用語解説(千宗左(7代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千宗左(7代) せん-そうさ

1705-1751 江戸時代中期の茶人。
宝永2年生まれ。6代千宗左の長男。表千家7代家元。裏千家をついだ弟の8代千宗室,援助者の三井八郎右衛門らと茶事の「七事式(しちじしき)」をさだめる。家元制を整備するなど,表千家の中興につくした。寛延4年8月13日死去。47歳。号は天然,如心斎。
【格言など】茶の湯とはいか成物をいふやらん墨絵に書し松風のこゑ(「茶話抄」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

千宗左(7代)

没年:宝暦1.8.13(1751.10.2)
生年:宝永2(1705)
江戸中期の茶人。不審庵表千家7代家元。幼名は与太郎。宗巴,宗員ののち享保15(1730)年宗左を襲名した。如心斎,丁々軒を号し,道号は天然。父は6代宗左(覚々斎原叟)。都市における茶道人口の増加にともない,一種の集団稽古ともいうべき千家七事式を考案し,稽古の面白さを工夫した。また全国的な流派の普及にともない家元制を整備し,高弟の川上不白を江戸に派遣するなど,積極的に時代に対応した。如心斎は表千家中興ともいわれ,流出していた利休自筆遺偈を千家に戻した。<参考文献>千宗左(13代)編『表千家』

(熊倉功夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千宗左(7代)の関連キーワード覚々斎又玄齋不審庵千宗左住山楊甫(初代)千宗左(12代)千宗左(13代)千宗室(6代)千宗室(7代)千宗室(8代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone