千家 啠麿(読み)センゲ テツマロ

20世紀日本人名事典の解説

千家 啠麿
センゲ テツマロ

昭和期の国立公園行政官 国立公園協会名誉会長。



生年
明治40(1907)年8月19日

没年
平成7(1995)年10月21日

出生地
島根県

学歴〔年〕
東京帝国大学農学部林学科〔昭和6年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲三等旭日中綬章〔昭和54年〕,上原敬二賞〔昭和56年〕,環境保全功労賞〔昭和62年〕,勲二等瑞宝章〔昭和63年〕

経歴
昭和6年内務省衛生局嘱託。のち、内務技手、栃木県土木技師、観光課長を経て、29年厚生省国立公園部計画課長となり、国立公園の創設に携わる。34年退官後、国立公園協会常務理事、理事長、50年会長を歴任。平成元年名誉会長。米国シエラクラブ名誉会員、国際自然保護連合顧問。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

千家 啠麿 (せんげ てつまろ)

生年月日:1907年8月19日
昭和時代の官僚。国立公園協会会長
1995年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android