千家清足

美術人名辞典の解説

千家清足

出雲杵築。国造俊勝の八男、俊信の弟。俊信に師事する。画を能くした。嘉永4年(1851)歿。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android