千家清足

美術人名辞典の解説

千家清足

出雲杵築。国造俊勝の八男、俊信の弟。俊信に師事する。画を能くした。嘉永4年(1851)歿。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android