コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千手・千寿 せんじゅ

大辞林 第三版の解説

せんじゅ【千手・千寿】

○ 「平家物語」に登場する遊女。鎌倉に捕らえられた平重衡しげひらの寵ちようを受け、重衡が斬られた後、長野の善光寺に入って菩提を弔ったという。「吾妻鏡」にも見える。
(「千寿」とも書く)能の一。三番目物。金春禅竹こんぱるぜんちく作。捕らえられて鎌倉へ送られた平重衡と千手の前との悲恋を脚色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

千手・千寿の関連キーワード平家物語吾妻鏡

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android