千手・千寿(読み)せんじゅ

大辞林 第三版の解説

せんじゅ【千手・千寿】

○ 「平家物語」に登場する遊女。鎌倉に捕らえられた平重衡しげひらの寵ちようを受け、重衡が斬られた後、長野の善光寺に入って菩提を弔ったという。「吾妻鏡」にも見える。
(「千寿」とも書く)能の一。三番目物。金春禅竹こんぱるぜんちく作。捕らえられて鎌倉へ送られた平重衡と千手の前との悲恋を脚色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android