コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千田 是也 センダ コレヤ

20世紀日本人名事典の解説

千田 是也
センダ コレヤ

昭和・平成期の俳優,演出家,評論家 劇団俳優座代表;日本演出家協会理事長;桐朋学園大学短期大学部芸術科教授。



生年
明治37(1904)年7月15日

没年
平成6(1994)年12月21日

出生地
神奈川県国府津

出身地
東京市四谷区(現・東京都新宿区)

本名
伊藤 圀夫(イトウ クニオ)

学歴〔年〕
東京府立一中〔大正11年〕卒,早稲田大学専門部独文科〔大正13年〕中退,ラインハルト演劇学校(ドイツ)

主な受賞名〔年〕
芸術選奨〔昭和27年〕「オセロ」「ウインザーの陽気な女房たち」,毎日演劇賞(演出部門)〔昭和27年・33年〕,テアトロン賞〔昭和32年〕「タルチュフ」,週刊読売新劇賞〔昭和33年〕「幽霊はここにいる」,芸術祭賞〔昭和34年〕「千鳥」(演出),朝日賞(昭52年度),芸能功労者表彰〔昭和54年〕,フンボルト大学名誉哲学博士号〔昭和57年〕

経歴
大正13年築地小劇場創立と同時に参加、「海戦」(ゲーリング)で初舞台。15年いったん脱退、プロレタリア演劇活動に入る。昭和2年ドイツ留学してドイツの表現主義を学び、6年帰国、7年東京演劇集団を結成し、ブレヒト作「三文オペラ」を翻案した「乞食芝居」を上演、ドスの〆吉を主演。11年新築地劇団で左翼演劇のリーダーとして活躍。戦争中2年間獄中生活を送り、19年青山杉作らと俳優座を結成、演出活動にも従事。西欧近代古典劇上演の基盤をつくると共に、リアリズム演技の名教科書といわれる「近代俳優術」の刊行、25年俳優座養成所の発足、29年俳優座劇場の創設など、俳優座のリーダー的存在として活躍。俳優としての代表作に「令嬢ジュリー」のジャン役があり、映画は「青色革命」など数多く出演。ブレヒト劇の翻訳紹介者としての功績も大。また日中文化交流、日朝文化交流にも多大の貢献をし、’60年安保では、新劇人の先頭に立った。61年「セチュアンの善人」の中国公演、62年チェルノブイリ原発事故を扱った「石棺」を演出する。没後の平成10年毎日芸術賞に千田是也賞が創設される。著書に「千田是也演劇論集」(全11巻・別巻3 未来社)、自伝「もうひとつの新劇史」、訳書にスタニスラフスキー「俳優の仕事」、「ブレヒト戯曲選集」など多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

千田 是也
センダ コレヤ


職業
俳優 演出家 評論家

肩書
劇団俳優座代表,日本演出家協会理事長,桐朋学園大学短期大学部芸術科教授 ドイツ民主共和国芸術アカデミー会員〔昭和54年〕

本名
伊藤 圀夫(イトウ クニオ)

生年月日
明治37年 7月15日

出生地
神奈川県 国府津

出身地
東京市四谷区(東京都新宿区)

学歴
東京府立一中〔大正11年〕卒,早稲田大学専門部独文科〔大正13年〕中退,ラインハルト演劇学校(ドイツ)

経歴
大正13年築地小劇場創立と同時に参加、「海戦」(ゲーリング)で初舞台。15年いったん脱退、プロレタリア演劇活動に入る。昭和2年ドイツ留学してドイツの表現主義を学び、6年帰国、7年東京演劇集団を結成し、ブレヒト作「三文オペラ」を翻案した「乞食芝居」を上演、ドスの〆吉を主演。11年新築地劇団で左翼演劇のリーダーとして活躍。戦争中2年間獄中生活を送り、19年青山杉作らと俳優座を結成、演出活動にも従事。西欧近代古典劇上演の基盤をつくると共に、リアリズム演技の名教科書といわれる「近代俳優術」の刊行、25年俳優座養成所の発足、29年俳優座劇場の創設など、俳優座のリーダー的存在として活躍。俳優としての代表作に「令嬢ジュリー」のジャン役があり、映画は「青色革命」など数多く出演。ブレヒト劇の翻訳紹介者としての功績も大。また日中文化交流、日朝文化交流にも多大の貢献をし、’60年安保では、新劇人の先頭に立った。61年「セチュアンの善人」の中国公演、62年チェルノブイリ原発事故を扱った「石棺」を演出する。没後の平成10年毎日芸術賞に千田是也賞が創設される。著書に「千田是也演劇論集」(全11巻・別巻3 未来社)、自伝「もうひとつの新劇史」、訳書にスタニスラフスキー「俳優の仕事」、「ブレヒト戯曲選集」など多数。

所属団体
日本演出家協会(理事長),日本劇団協議会(会長),日朝友好協会(副会長),日中文化交流協会(常任理事),日本演劇協会(理事),ブレヒトの会(主宰)

受賞
芸術選奨〔昭和27年〕「オセロ」「ウインザーの陽気な女房たち」,毎日演劇賞(演出部門)〔昭和27年・33年〕,テアトロン賞〔昭和32年〕「タルチュフ」,週刊読売新劇賞〔昭和33年〕「幽霊はここにいる」,芸術祭賞〔昭和34年〕「千鳥」(演出),朝日賞(昭52年度),芸能功労者表彰〔昭和54年〕,フンボルト大学名誉哲学博士号〔昭和57年〕

没年月日
平成6年 12月21日 (1994年)

家族
父=伊藤 為吉(建築家),兄=伊藤 道郎(洋舞家),伊藤 祐司(衣装デザイナー),伊藤 熹朔(舞台美術家),弟=伊藤 翁介(作曲家),妻=岸 輝子(女優),長女=中川 モモコ,孫=中川 安奈(女優)

伝記
戦う演劇人―戦後演劇の思想ドラマティストの肖像―現代演劇の前衛たちもうひとつの新劇史―千田是也自伝 菅 孝行 著西堂 行人 著千田 是也(発行元 而立書房れんが書房新社筑摩書房 ’07’02’75発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

千田 是也 (せんだ これや)

生年月日:1904年7月15日
昭和時代;平成時代の俳優;演出家。劇団俳優座代表;日本演出家協会理事長
1994年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

千田 是也の関連キーワード花嫁さんは世界一電話は夕方に鳴る陽のあたる坂道森新太郎(2)大怪獣バラン真昼の円舞曲小川絵梨子土方 与志安部 真知小沢栄太郎第五福竜丸宇宙大戦争近松 麗江伊藤道郎山田和也鈴木裕美増見利清小沢昭一早野寿郎安部真知

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千田 是也の関連情報