コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千町歩地主 せんちょうぶじぬし

大辞林 第三版の解説

せんちょうぶじぬし【千町歩地主】

幕末から農地改革までの間に、千町歩(約1000ヘクタール)以上の小作地を所有するに至った、寄生地主制を代表する地主。山形県庄内の本間家や新潟県の市島家、宮城県の斎藤家、秋田県の池田家など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

千町歩地主の関連キーワード寄生地主制新潟(県)農地改革北陸地方宮城県本間家新潟県小作地市島家秋田県幕末

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android