コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千草街道(千種街道) ちぐさかいどう

世界大百科事典 第2版の解説

ちぐさかいどう【千草街道(千種街道)】

滋賀県(近江)と三重県(伊勢)北部を結ぶ鈴鹿山脈越えの街道。〈千種越え〉ともいい,中世には約6km北方の八風(はつぷう)街道と並んで,近江商人伊勢路へ出る重要な通商交通路であった。近江八幡や八日市方面から,瓜生津(うりうづ)を経て甲津畑(かづはた)に至り,それから藤切川を川沿いにさかのぼる山路となる。雨乞山の北部杉峠を越えて水晶谷をわたり,鈴鹿山脈の根平峠を越えるところが千種越えである。三重県に入ると川沿いに下ればすぐ伊勢平野に出る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android