コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉県いすみ市 いすみ〈し〉

1件 の用語解説(千葉県いすみ市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕いすみ〈市〉(いすみ〈し〉)


千葉県南東部、房総半島東部にある市。
市内を夷隅(いすみ)川と、支流の落合川が流れる。2005年(平成17)12月、夷隅郡の夷隅町、大原町、岬町が合併して成立。稲作、ナシの栽培が盛ん。大原港をはじめとする複数の漁港では、イワシ・タイなどが水揚げされ、とくにイセエビの水揚げ量は日本一を誇る(2008年現在)。大原で開かれる朝市は六斎市(ろくさいいち)と言われ、市民生活に溶け込んでいる。海岸沿いには太東(たいとう)海水浴場、大原海水浴場などの海水浴場があり、夏には行楽客で賑わう。太東海浜植物群落は国の天然記念物に指定。市内を走る第三セクターのいすみ鉄道は赤字経営に悩む。白亜の灯台、太東埼(たいとうさき)灯台の周辺は南房総国定公園に指定された景勝地。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千葉県いすみ市の関連情報