コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉県勝浦市 かつうら〈し〉

1件 の用語解説(千葉県勝浦市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕勝浦〈市〉(かつうら〈し〉)


千葉県南東部、房総半島南東岸にある市。
近世以来、漁港・市場町として栄える。勝浦港はカツオなど遠洋漁業の基地。海女(あま)によるアワビサザエ潜水漁業行われる南房総国定公園の一部で、海岸は海水浴客でにぎわう。おせんころがしの断崖、かつうら海中公園海の博物館千葉県立中央博物館分館)などがある。400年以上続く勝浦の朝市は、石川県の輪島、岐阜県の高山と並ぶ日本三大朝市の一つとされる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千葉県勝浦市の関連情報