千葉県勝浦市(読み)かつうら〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕勝浦〈市〉(かつうら〈し〉)


千葉県南東部、房総半島南東岸にある市。
近世以来、漁港・市場町として栄える。勝浦港カツオなど遠洋漁業の基地。海女(あま)によるアワビ・サザエの潜水漁業も行われる。南房総国定公園の一部で、海岸は海水浴客でにぎわう。おせんころがし断崖、かつうら海中公園、海の博物館(千葉県立中央博物館分館)などがある。400年以上続く勝浦の朝市は、石川県輪島岐阜県の高山と並ぶ日本三大朝市の一つとされる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千葉県勝浦市の関連情報