千葉県勝浦市(読み)かつうら〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕勝浦〈市〉(かつうら〈し〉)


千葉県南東部、房総半島南東岸にある市。
近世以来、漁港・市場町として栄える。勝浦港カツオなど遠洋漁業の基地。海女(あま)によるアワビ・サザエの潜水漁業も行われる。南房総国定公園の一部で、海岸は海水浴客でにぎわう。おせんころがし断崖、かつうら海中公園、海の博物館(千葉県立中央博物館分館)などがある。400年以上続く勝浦の朝市は、石川県輪島岐阜県の高山と並ぶ日本三大朝市の一つとされる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千葉県勝浦市の関連情報