千葉県印西市(読み)いんざい〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕印西〈市〉(いんざい〈し〉)


千葉県北部、利根川沿いの新興住宅都市。
1996年(平成8)4月より市制。2010年3月、印旛(いんば)郡印旛村と本埜(もとの)村を合併して現在の姿となる。北西部には手賀沼、南東部には印旛沼がある。印旛沼から利根川に通じる長門(ながと)川沿いは大水田地帯。中心部の木下(きおろし)・大森地区は利根川水運の旧河港。南部は千葉ニュータウン、大型商業施設なども進出し、都市化が進む。順天堂大学のさくらキャンパス、日本医科大学千葉北総病院、東京電機大学の千葉ニュータウンキャンパス、東京基督(キリスト)教大学がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千葉県印西市の関連情報